株式会社ロマック

What's Rordpost - ロードポストとは -

車線分離標 ロードポスト とは

新技術「カセットリング方式」を採用し、
視認性・耐久性・強度・低コストを実現した
まったく新しいポスト交換式車線分離標です。

1.本体の「低コスト化」

これまでにない様々な機能を付加しながら、徹底した
コストダウンを図りました。

費用の比較

2.表面の反射材を守る「耐久構造」

8 本のレール状リブ ( 突起 ) が、車両の「踏付け」や「擦り」
からポール表面を守る。 反射性能や視認性を、長期に維持できます

・破れにくい!汚れにくい!
・レール状のリブに挟まれて、表面が擦られづらい。
・反射シートの損耗や汚れが少ない。

■車両の踏付け時の断面変形イメージ

踏みつけたときのロードポストと従来品の断面変形イメージ

■実車による衝突踏付け試験の状況

  • 耐久構造画像1
    2tトラック 60km/hで繰り返し試験
  • 耐久構造画像2
    ロードポスト 従来品
  • 耐久構造画像3
    ロードポスト 従来品

3.高い「視線誘導性能」

超高輝度プリズム反射シートに赤印刷を入れ、短冊状の全面赤白反射を採用。従来の白色の帯巻状と比較して、反射面積を拡大。視線誘導性能が飛躍的に向上しました。

従来品では高輝度反射シートを標準としていますが、ロードポストはさらに輝度の高い超高輝度反射シートを標準装備しています。
また、従来品では反射面積が50mm 幅×3本ラインだったのに対し、ロードポストでは295mm幅と反射面積が約2倍となっています。

夜の見えかた

4.ポストの交換が可能で「ランニングコスト低減」

ロードポストは、ポストのみの交換が可能です。
従来の一体型と比較して、メンテナンスコストの大幅な低減を実現しました。

差し込み方法

ーPICK UPー
・ビスを刺すだけ!交換かんたん
・接合部の強度 UP!カセットリング採用&4方向からの固定
・ポストを交換することでランニングコストを大幅ダウン!

■車両の踏付け時の断面変形イメージ

ランニングコスト費用

■ポストの交換方法

交換方法イラスト

5.復元性と強度の両立を実現した
「ポスト交換システム」

従来のポスト交換タイプはポストとベースの着脱部の壊れやすさが弱点でした。
ロードポストはカセットリングを採用することで着脱部の「強度」を高めつつ、復元するための「柔軟性」も保つことが可能になりました。
相反する性能の両立を実現することで、壊れにくい構造にしました。

夜の見えかた

■引張試験機によるテスト状況

  • 実車による衝突踏付け試験の状況1
    2従来のポールのみでは、ピン留め部で
    引き千切りが発生。 強度が確保できない。
  • 実車による衝突踏付け試験の状況2
    硬質樹脂のカセットリングにより、
    ピン留め部を引き千切りから保護。